ワンダーデバイスでの暮らしや遊びについて!


by life-y
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

外枠と打ち合わせ④

打ち合わせの前に現場確認。
c0138070_21504481.jpg

全体
c0138070_2151579.jpg

デッキ部分

どーも捨コンは打っていない様子。この後の打ち合わせで聞いてみることに。

打ち合わせには予定より早く着いたのでWD展示場で庇の幅確認やエアコンの位置を確認。確認中に監督が展示に来てくれたのでそのままWD内で打ち合わせに。

今までの経過を聞き捨コンを打つのか聞いてみると「打ちますよ」との返答だったのでさっき撮った外枠の写真を見てもらい捨コンを打っていないように思うと伝えると

写真を見た監督は

「打ってないですね。でも墨を出すためモノなので品質には関係ありません。大丈夫です。」とキッパリ。

確かに義父から「墨のために捨コンするので墨さえ打てれば捨コンしなくてもいいし、しない場合もある」と聞いていたのでそこはどうでもいいのだが、工程表は捨コンと書いてあるし現場を管理する監督が捨コンを打っていないことを知らないことが問題だと思うのですが。。。

で柱状改良の杭についても質問してみた。
実際はセメント柱の上に墨を打ちその墨に合わせて外枠を設置しているので基礎が柱から外れることはないので問題はないように思うが、基礎図面では600Φの柱の上に基礎が乗るようになっているので柱状改良の図面をもらいたいことと、何Φの柱を打つことで今の地盤改良費になっているか解らないので見積書も欲しいことを伝えた。

すると地盤改良を行った業者から施主、BESS、Gメン用に3枚綴りの報告書が上がってくるらしくその報告書で解るらしい。

正直、監督は段取りをするだけで実際の施工方法や施工内容についてはあんまり詳しく知らないみたい。

あとは今までの電気配線の修正確認と追加修正。キッチン周りの打ち合わせなど。実際にWDで打ち合わせをすることでイメージが共有され希望を伝えやすかった。

次回の打ち合わせもWDでするかな~。
[PR]
by life-y | 2012-06-17 22:41 | ワンダーデバイス建築工事中 | Comments(0)